2012年03月21日

映画 『U−ターン』 メチャメチャ面白いし〜♪


なんで、この映画見落としていたのでしょう。
ショーン・ペンは大好きなのに。

お金の工面に走り回るボビー
車の故障から、とある田舎町へ
次々と災難が降ってきて
どうしても町から脱出できない。
そして最悪のラストへ。。。

真面目にコツコツ生きている人は
自分の人生の素晴らしさを実感できるでしょう。

それにしても、関わる人々の嘘が
明らかになっていく展開がなんとも。
えー犬までが!!!

うーん。
でも結局、自分の運命って自分で決めてるんだよね。
って思わざるを得ない。

ショーン・ペンの演技も最高ですが、
他の人たちも味をだしていて面白い。

そして、最後に笑うのは車の修理屋さん?

ちょっとお勧めの1本でした〜♪

『U−ターン』【U TURN】1997年・米
監督: オリヴァー・ストーン 
原作・脚本: ジョン・リドリー
撮影: ロバート・リチャードソン
音楽: エンニオ・モリコーネ 

俳優: ショーン・ペン(ボビー)
 ジェニファー・ロペス(グレイス)
 パワーズ・ブース(保安官)
 ニック・ノルティ(グレイスの夫、ジェイク)
 ビリー・ボブ・ソーントン(車の修理工、ダレル)
 ジョン・ヴォイト(盲目の浮浪者)
 ホアキン・フェニックス(不良青年、通称ニトロ)
 クレア・デインズ(ニトロのGF、ジェニー)
 リヴ・タイラー(バスの切符を買えなかった女)



  

Posted by 美しい森(どんぐりのコロ) at 11:28Comments(0)コロがみたA級映画~♪

2011年02月10日

フローズン。。。何気ない遊びの恐怖


3人の若者がスキー場でいつもと変わらず遊んでいます。

ところが夜になり、リフト停止の時が運命の分かれ目。
ここであきらめて帰れば何もありませんでした。
きっと3人は翌週もここでスキーを楽しめたでしょう。

でも3人は調子にのって
リフトの係りに頼み込み無理に時間を延長させてしまいます。
3人がリフトに乗り込んで出発後、
小さないろいろなことが重なり
3人がといちゃ区しないままリフトは終了してしまいます。
地上15メートルの所で3人は置き去りになりました。

マイナス20度という寒さと恐怖から3人は判断力を失います。
深く考えずに焦って助けを呼ぶために
まずひとりが飛び降りてしまいます。
着地時に両足を骨折、
骨がむき出し出血してしまい、
血の匂いに誘われた狼がやってきます。
そして狼の群れの食事と成り果てます。

残った二人は朝を向かえますが、
肌が出ている顔が凍傷になり
素手で掴んだ金属のバーに手がくっつき
次の営業まで1週間は誰もこないという現実にさらされます。

ここにいても凍死するだけだと判断した二人は
脱出をこころみるのですが。。。

えー以前にも海に置き去りにされてしまう映画がありました。
何気ないバカンスがほんのちょっとした出来事から
最悪の事態へと進んでしまう。

先日も実際に、テーマパークでバーをちゃんとおろしていなかったため
振り落とされるという悲惨ば事故がありました。

危険なのは安心をしてしまうことです。
つい心がゆるんでしまうその時に
何かが起こってしまう。。。

この映画は関わった人たちの
このくらいなら平気だろうという気持ちが
不幸な事態を招いていきます。

ぜひ見てもらいたい映画です。

★キャスト・スタッフ
キャスト:ケビン・ゼガーズ、ショーン・アシュモア、エマ・ベル
監督:アダム・グリーン製作:ピーター・ブロック







  


Posted by 美しい森(どんぐりのコロ) at 22:21Comments(1)コロがみたA級映画~♪

2011年01月30日

ソーシャル・ネットワーク 見る前にFacebookに登録を!






映画自体はとてもよくできていて
特に最初の早い展開で完全に引きこまれました。

Facebookを創設したマーク・ザッカーバーグを中心に
Facebookが何故あんなに大きくなったのかが描いています。

ただ、Facebookそのものの詳しいことはまったく描かれてないし
Facebookをやったことがない人や
ミクシー・ツイッターなどの経験すらまったくない人には
ちょっとイミフかも。
彼のひらめきがどんどんネットで形になる経過が
たぶんぜんぜんわからないのでは?
専門用語もちらちらでてきますし。

で。マーク・ザッカーバーグは
世界最年少の億万長者になるのですが。

コロはこの映画みたくなかった。。。
コロもFacebookは使っているし、
登録している人のレベルも高いので
Facebookはとっても素晴らしいと思っていました。
でも、このマーク・ザッカーバーグは
人としてはダメダメ。
まだ上映中なのでくわしい内容は書きませんが
アイディア・資金は回りの人たちを利用して
自分のやりたいことだけに独走
主人公を周りの人に設定て映画を作ったら
マーク・ザッカーバーグは悪党になりさがるでしょうね。
結局最後まで自分が悪いって反省してるようでもないし。
かなりガッカリというか、夢奪われた感じでした。

ちょっと面白いのは、彼の最初の言動力になったのが
2003年秋。ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグが
ボストン大生の恋人のエリカと口論になり、
「アンタがモテないのは性格がサイテーだからよ」
といわれて切れてネットに彼女の悪口を書き、
女子大生たちのプロフにまで悪戯したことが
何万アクセスもとってしまったこと。
なにがキッカケで大物が生まれるかわかりませんね。。。

最後まで飽きない映画なので
A級と認めざるをえません。。。トホホ
(もっともコロはネットおたくなのでこういうネタには食いついてしまう)

見る前にFacebookに登録して
Facebookがどんなものか理解したほうが感動できます!!!





(✌ʻ◡ʻ)☞ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




  


Posted by 美しい森(どんぐりのコロ) at 11:08Comments(0)コロがみたA級映画~♪



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



プロフィール
美しい森(どんぐりのコロ)
美しい森(どんぐりのコロ)
節約とオークション好きの専業主婦です!
テレビ朝日「スーパーJチャンネル」
TBS「総力報道!THE NEWS」で放映されました!
光文社「女性自身」第53巻第9号に掲載されました!
主婦の賢い生活術がテーマ! オークションや節約に興味ある方、
お友達になって下さいまし。
オーナーへメッセージ
インフォメーション
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
※カテゴリー別のRSSです